ニキビが痛い原因

ニキビが痛い原因について

ニキビ,痛い,原因

 

ニキビは毛穴に詰まった皮脂や汚れを栄養源にアクネ菌が増殖することによってができます。ニキビの頭の原因は白血球がアクネ菌を攻撃しようと戦うことによりおこっています。ニキビが痛いとかになってしまい、触ってしまいますが、触ってしまうとばい菌が入ってしまいもっと大きいニキビになってしまいます。

 

痛いニキビをやわらげる方法は冷やした化粧水でパックする事です。ニキビが痛い時やニキビができている時はできるだけメイクはしたくないものです。しかし仕事や出かける都合上、マイクなしでは外に出ることが出来ないので、メイクしなければならなくなります。メイクをしていない時のケアの方法により、ニキビが早く治るか、遅く治るかが決まってくるので、お風呂上がりの化粧水でのケアはとても大切なものになっています。

 

ニキビが痛いと、勉強や作業に集中できなかったり、色々な悩みが出てきてしまいます。ニキビは一番冷やすと効果があるので、どうしても痛くて気になってしまう場合にはニキビを冷やして、痛みを和らげるのが効果的です。

 

この方法を行うことで、ニキビの痛さも和らいで、跡も残りにくくなります。ニキビの痛みを早く治すためにもお風呂上がりの化粧水ケアはしっかり行いましょう。

痛いニキビは炎症を起こしているから

ニキビ,痛い,原因

 

ニキビは初期段階だと見た目が気になるだけですが、放っておくと痛くなることがありませんか?これは、ニキビが炎症を起こしているからです。

 

炎症の原因と言われているのが、アクネ菌です。聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。アクネ菌の繁殖は肌を清潔に保つことによってある程度防ぐことができます。洗顔だけでなく、寝具を清潔にしておくことも肌をいたわるためには重要です。

 

ですが、ニキビが一度炎症を起こしてしまったあとは、なるべく触らないことが重要です。痛いし違和感があるのでどうしても気になってしまいますが、洗顔の際にもなるべくこすらないようにしましょう。洗顔料が顔に残ってしまうとこれもまたニキビの原因となりますので、しっかり水で洗い流してください。洗顔はやりすぎも水分を不足させ、皮脂を増加させる原因となりますので注意しましょう。

 

炎症が起きて痛いニキビになってしまうと、跡が残ってしまう可能性も出てきます。こうなってくると、皮膚科での治療も必要かもしれません。抗生物質が処方され、炎症を抑えるという治療法がとられることが多いでしょう。

 

しかし、これは一時的な処置であり、再発の可能性もあります。ですから、まずはニキビができないようにきちんとした食生活、生活習慣を心がけましょう。

ベルブランのシミに対する効果とは!?トップページへニキビ跡に悩んでいる方、ニキビケアをしながら肌の美白もしたい方はトップページでベルブランの詳細もチェックしてみてください。